くらしの宿Cocoroのブログ

岐阜県郡上市にあるオーガニックな農泊「くらしの宿Cocoro」。農業から古民家DIY、そしてネコまで。日々のアレコレを綴ります。

子どもたちと踏み込み温床を作ってみたけど、踏み込み温床ってなんだろう? 

みなさん、こんにちは。岐阜県郡上市でオーガニックな農泊を営む、くらしの宿Cocoroです。

 

今月から始めた「子ども向け 農とくらしのワークショップ」。イキナリ学校が休みになっちゃったので、子どもも親御さんも大変だろう、ということで急きょこのワークショップを企画したんですが、週に何日か、ボチボチと参加者さんが来てくれています。

kurashicocoro.hatenablog.com

 

子どもたちが農に関わることなんて、今までそうはなかったと思うんですけど、どの子たちも楽しんで作業をしてくれているみたいです。ま、中にはアッサリ集中力が切れてしまって、遊び出す子もいますけど、子どもなんてそれでいいんです。むしろこちらが伝えることを黙々とこなされる方が怖いわ…。

 

ま、幸か不幸か、マイペースな子どもちゃんが多くて、毎回とても楽しませてもらっています♡ 

 

そのワークショップで子どもたちと「踏み込み温床」を仕込んだので、3回に分けてそのレポートをしたいと思います。今回はそのイントロダクション「踏み込み温床とはなんぞや?」です

 

目次です

 

踏み込み温床とは

まず最初に温床の説明をしますね。

 

タネが発芽するのには「酸素、水、温度」が必要です。特に夏野菜には高い温度(地温)が必要です。温床とはその地温を確保するための仕組みです。読んで字のごとく「温かい床」で、タネをまいた土(培土といいます)を暖めるのですね。

 

電気毛布で温々と寝てたら生長する、みたいなイメージでしょうか? 電気毛布なんて使わないけど(笑)

 

専門的に言うと、こんな感じです。 

 踏み込み温床とはワラや落ち葉を微生物が分解するときに発生する熱を利用して野菜苗(特に高温が必要な果菜類)を育苗する技術です。

 現在電熱温床が一般的になっているが、簡単に設置でき、温度操作がしやすい反面、電気が必要で内部が乾燥しやすいという問題があります。踏み込み温床は外部エネルギーを必要とせず、適度な湿度が保たれる上に微生物供給と炭酸ガスの交換も行われる苗にとっても優しい育苗でかつ、温床後は再度発酵することで良質の堆肥もできる一石二鳥の技術です。

 温床の原理は微生物発酵によるものだが、この菌は落ち葉表面にいる菌を利用するので特に菌の添加は必要ありません。堆肥づくりは急激な温度上昇(60−70℃)が必要で水分60%程度が適正だが、長期的に中温(20-25℃)が必要な温床では、踏み込むことで空気を遮断し、やや嫌気状態でとろ火で燃やす技術です。

踏み込み温床開始 – 五段農園

 

ブログ主さんの五段農園さんの踏み込み温床はこんな感じ。

f:id:kurashiCocoro:20200309175442p:plain

驚きのサイズです! 落ち葉を集める手間だけでも、想像がつかない…

 

五段農園さんは堆肥の販売なども行うプロ中のプロ(でも変人)なので、私たちのような小さな農家からすると想像を絶する巨大なサイズの温床を作られています。

 

作り方

一般的な作り方は、簡単と言えばまぁ簡単です。

 

最初に枠を作っておいて、そこに落ち葉、青草、ワラ、ヌカ、鶏糞、水などをまいてはガンガン踏み、まいてはガンガン踏み、ミルフィーユのように層を作っていきます。温床は微生物が増えたり、微生物が有機物を分解する過程で温度が上昇してきます。

 

この仕込む時に何度も何度もガンガンと踏み込むので、踏み込み温床と言うのですね。

 

が、しかし!

このやり方は伝統的な方法なんですが 、意外と(というか、かなりの高確率で)失敗します。というか、以前にワタクシに踏み込み温床を教えてくれた先生は、こともあろうか授業の時に「去年は失敗したけど、今年はどうだろうなぁ」なーんてつぶやいていました。

 

正直言って仕込む前から不安やわ…。

 

そしてネガティブな思考が、まさにネガティブな現実を作るのですね(笑) イヤな不安は見事に的中し、その年に仕込んだ人生初の踏み込み温床は失敗に終わったのでした。

 

ちなみに踏み込み温床の失敗というのはこの2つです。

 

  1. 初めから温床の温度が上がらない
  2. いったん温度は上がるけど、その温度が持続しない

 

1は完全な失敗で、2はたぶん水分不足による発酵乾燥が原因です。

 

で、ワタクシの失敗は1でした。

 

ま、非の打ち所がない、明らかな失敗とでも言いましょうかね…。さすがに翌年はくじけて、踏み込み温床作りにトライする気力が湧きませんでした。

 

そこで!

そこで三重県にある堆肥・育土研究所の代表、橋本力男さんが開発されたのが「改良式踏み込み温床」です。私たちは2014年に、橋本さんに堆肥を学びに行きました。橋本さんってこんな方です。

橋本 力男

 

f:id:kurashiCocoro:20200310092520p:plain

農林水産省が認定する「農業技術の匠」です!

 

橋本さんの「改良式踏み込み温床」のスゴいところは、決して失敗しないこと! 

 

踏み込み温床で失敗したことがある人からは「そんな訳あるかーい」と嵐のようなツッコミが入りそうですが、私たちは実際にもう何年も作ってますけど、一度も失敗したことないんですよ。いかに橋本さんの技術が優れているかを、毎年実感させてもらっています。

 

従来の踏み込み温床と「改良式」の違いを説明します。

 

従来のものは先ほど書いたように、各種材料をまいては踏み込み、まいては踏み込み、を繰り返し、その後発酵を待ちます。つまり仕込み(=踏み込み)と発酵が、一連の作業なんですね。失敗した場合、せっかく踏み込んだものを取り出して、もう一度初めから同じ作業を繰り返さなくてはなりません。これがめちゃくちゃ大変です。

 

「改良式」ではあらかじめ全ての材料をまぜて山を作り、その場で発酵させます。そして発酵を確認した後、踏み込んでいくんです。山の状態で温度が上がらなければ、水を足すなり、ヌカを足すなりして再発酵させ、温度が上がったことを確認したら踏み込む。仕込み、発酵、踏み込み、がそれぞれ独立しています。

 

踏み込み温床で一番労力が必要なのはこの「踏み込み」という作業なので、それが一度で確実に終わる「改良式」は従来のものとは比較にならないくらい楽です。

 

今回はまず仕込みを子どもたちと一緒に行いました。さーて、うまく仕込めたでしょうか。乞うご期待です!

 

《仕込み編》に続きまーす。