岐阜県郡上市|くらしの宿Cocoroのブログ

岐阜県郡上市にあるオーガニックな農家民宿「くらしの宿Cocoro」。農のこと、古民家くらし、まだまだ続くDIY、そしてネコ。日々のアレコレを綴ります。

☆目指せ小さな農家☆ 小さな田んぼのワークショップ参加者募集です!

みなさん、こんにちは。岐阜県郡上市でオーガニックな農家民宿を営む、くらしの宿Cocoroです。今日は雨です。今年に入って初めてくらいのまとまった雨が降っています。郡上も春がもうすぐですね〜。

 

1年前はこんなものすぐに終息するだろうと思っていた©ですが、まだまだ私たちの生活への影響は大きいですね。マスクも手の消毒も、すっかり日常の風景になってしまったし…。でもこんな時だからこそ、というかこの世界で生きていくために、少しでも早く自分たちで食べ物を育てる技術を伝えなくっちゃな、とヒシヒシと感じております。

 

日本ではまだそこまでではありませんが、海外、特にヨーロッパの国々の動向をチェックしていると、©以降、タネの売上げが伸びていたり農地を借りる人が増えたりと、農をくらしに取り入れて食べ物を積極的に自給しようという動きが始まってますね。

 

食べ物って私たちの命そのものですからね。ここがストップすると本当にお手上げです。でも万が一物流や輸入が止まってしまった時、本当に頼れるものは何でしょう? 

 

もうね、正直言って待ったなしの状況なんです。この迫り来る危機感、なかなか伝わらないけどね(笑)

 

という訳で!  

 

今年も開催しますよ〜♪

 

「小さな田んぼのワークショップ」(全10回) 

 

小さな田んぼをやりたい人、小さな農家になりたい人、よっといで〜♡

 

小さな田んぼってこんな田んぼです。

 

  • 機械の使用は最小限。代かきという作業にトラクターを使いますが、トラクターがなくてももちろんできます。
  • 除草薬や農薬は一切使いません。代かきをして雑草が生えにくい田んぼを整えます。この技術を『抑草』と言います。
  • 肥料ももちろんあげません。その代わりに太陽や水、虫や微生物など自然の恵みを最大限に活用します。

 

機械はいらない。農薬も除草剤も化成肥料も買わなくていい。小さな田んぼはまさに家族むけの田んぼなんです。

 

そんな小さな田んぼの技術を、一年かけて基礎からしっかりと学びます。育てるお米はワタクシたちがタネを採り続けて8年目の「イセヒカリ」。スッキリとした食感の、とーっても美味しいお米です☆

 

みんなでユルやかに「小さな農家」を目指しましょー。

 

f:id:kurashiCocoro:20191122190207j:plain

農のあるくらしは楽しいよ♪

 

田んぼに関しては今までに何度かお伝えしてきたので、リンクを貼り付けておきますね。

kurashicocoro.hatenablog.com

  

ワタクシたちがみなさんに農の技術を伝えるのは、こんな意味があるんです、という記事はコチラから。

kurashicocoro.hatenablog.com

 

さてさて、今回募集の「小さな田んぼのワークショップ」ですが、ほぼ1年間(3月下旬〜11月まで)に渡り、計10回のワークショップで、ワタクシたちが持っている技術を余すところなくぜ〜んぶ教えます!  

 

このワークショップを受けて、実際に小さな田んぼを始めちゃった家族もいます。しかもその数は年々増え続け、今や10家族に迫ろうかというイキオイです。これを多いと見るか、少ないと見るかは人それぞれですが、ま、きっとそれだけよくできたワークショップなのでしょう(って自分で言うな)。

 

そんなよくできた(しつこいぞ)ワークショップの詳しい内容です。

 

 

日程と作業内容

日程と作業内容はこのようになっています。基本的には予定通りに開催しますが、お天気の都合、稲の生育具合、参加人数の関係などで前倒しになったり、延期になることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

① 3月  20日 あぜの草刈り、あぜ直し、あぜ塗りなど

② 4月  18日 タネモミの選別、温湯消毒、芽出しの準備

③ 5月    1日 モミまき、獣よけのネット張り(雨天の場合はモミまきのみ)

④ 6月  12日 田植え(少雨決行。予備日6月13日)

⑤ 6月  27日 除草(1回目)

⑥ 7月  18日 除草(2回目)、あぜ草刈り

⑦ 9月    5日 はさの竹切り出し、はさ作りの練習
⑧  10月  10日 稲刈り、はさ作り、はさがけ(予備日10月17日)
⑨  10月  31日 脱穀、ワラ切り、ワラまき(稲刈りが18日の場合は11月7日)

⑩   11月  21日 みんなで持ち寄り収穫祭~♪

 

小さな田んぼ見学&説明会

①に先立ちまして、3月6日(土)に小さな田んぼの見学と、説明会を行います。ワークショップに参加しようか迷っているかたはまずこちらにご参加ください。説明会は有料ですが、説明を聞かれてから小さな田んぼのワークショップにご参加される場合、参加費を全額返金いたします。

 

参加をご希望のかたは下の方にある「お申し込みフォーム」からお申し込みください。

 

 ・日時 令和3年3月6日(土) 朝9時スタート〜11時くらいに終了予定

 ・場所 くらしの宿Cocoro(郡上市大和町牧740)

 ・内容 小さな田んぼの見学、技術説明、質疑応答など

 ・持ち物 筆記用具

 ・参加費 2,000円(ワークショップ参加者は無料です)

 

場所

岐阜県郡上市大和町牧にある、私たちの田んぼです。参加人数が多ければ、大きめの田んぼ(約1200平方メートル)で、少なければ小さい田んぼ(約600平方メートル)で行います。

 

f:id:kurashiCocoro:20210215110600j:plain

 

郡上は水も景色もキレイで、本当にいいところです。こんな環境で田んぼができるなんて、とっても幸せです。
 

時間

朝8~9時に現地に集合、作業終了後に解散という流れです。作業内容により開始と終了の時間が異なりますので、参加者さんにはメールなどでご連絡します。午前中で終わる日もあれば、お昼ご飯を各自でご持参してもらって午後までしっかり作業する日もあります。

 

遠方からご参加の方は、前日や当日に『くらしの宿Cocoro』にご宿泊していただくことが可能です。ワークショップの準備や後片付けでバタバタしていますので、それらを手伝ってもらう代わりに、宿泊料金をお得に設定しています。詳しくはお問い合わせ下さい。

 

金額

1組につき35,000円です。

 

お一人でも、ご家族とでも、お友達とでも大丈夫です。お申し込みご本人さま、および同居のご家族さまは傷害保険代込みです。

 

そして収穫後のお楽しみがコチラ! 11月の収穫祭で1組につき1畝分(100平方メートル)のお米をプレゼントいたします! 自然に頼るところが大きい農法なので多い年、少ない年のバラツキがありますが、少ない年でも15キロ程度はお渡しできると思います。 

 

ワークショップにはお友達を誘っていただいたり、何人で来て頂いても結構です。子どもちゃんだけでのご参加は事故やけがの恐れがありますので、必ず保護者同伴でお願いします。ご家族以外の方はご希望により、掛け捨ての傷害保険(一回350円)に加入することもできます。ケガなどがご心配のかたは事前にご相談ください。

 

募集期間と人数

募集期間は令和3年3月14日(日)まで。参加者の上限は10組です。募集期間内に10組に達した時点で、募集を締め切ります。

 

お申し込み先

イベント申込フォーム

 

ご質問やお問い合わせ先

kurashicocoro☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)

 

Facebookページのメッセージや、ワタクシ個人へのメッセンジャー、ライン、お電話などでもご質問などを受け付けています。

 

田んぼって、ホントに楽しいよ〜♪

 

みなさん、よろしくお願いしまーす!